米国生活 米国生活で知っておきたいこと

アメリカ ハロウィンを楽しむ4つのステップ

更新日:

110月31日はハロウィンです。今年のハロウィンは土曜日なので、いろんなところでイベントが行われそうですね。10月に入ると町中いたるところに、かぼちゃおばけが出てくるので、ハロウィン気分が盛り上がってきます。

我が家は毎年、ハロウィンの日は家族で過ごしたり、友人達と過ごしたりしています。ハロウィンは準備段階から楽しめるので、私も子供たちも大好きです。そんな、我が家のハロウィンを楽しむための4つのステップをご紹介します。

1.仮装を考える

とにかくいろんなアイデアを出します。出来る、出来ないは考えず、とにかく仮装してみたい衣装を、チラシや雑誌、テレビなどを見ながら、想像力を働かせます。そして、好きな一番好きな仮装を選びます。息子達は、大きくなるにつれ、よりリアルなお化けに仮装するため、ちょいビビります。

2.おうちの飾りつけ

おうちの飾り付けの小物などは、スーパーでも手に入るし、リサイクルショップや手芸ショップなんかでも、可愛いものが購入できます。ここは娘たちががんばります。かぼちゃもおじいちゃんにくり貫いてもらって準備万端。かぼちゃは、あまりはやく作りすぎると腐ってしまうので、気をつけましょう!

シカゴ セカンドハウスのお店saversに行ってきたよ!

アメリカ 週末は大手クラフト&ファブリックショップ「Jo-Ann」へ行こう!

3.料理、お菓子の準備、

お料理、お菓子の準備も楽しみの一つです。我が家はくっきーとカップケーキが定番。わいわい言いながらお化けのケーキやクッキーを作ると子供たちも大喜び。

4. ゲームの準備

お友達を呼んだりした時なんかは、ちょっとしたゲームをするのも良いですね。トイレットペーパーでミイラを作って遊んだり(通称:マミーラップゲーム)、りんごを水に浮かべて口で掴み取る(アップルボビング)などは、アメリカの伝統的な遊びです。

trick or treat(いたずらか御褒美どっちがいい?) の準備も忘れずに!

ハロウィンの一大イベントは何といってもこれ!

コスチュームを着た子供たちが、近所の家を訪ねて回ります。家のベルが鳴り、決まり文句『trick or treat』と子供たちが言ってきたら、準備しておいた飴やチョコレートをあげましょう!

うちの子供たちも毎年、袋いっぱいにあめやチョコをもらってきます! そして、ぺろっと数日のうちに全部食べちゃいます。そのせいで、アメリカではハロウィンの後は歯医者さんが大忙しなんだとか。

 

それでは!



-米国生活, 米国生活で知っておきたいこと

Copyright© かつかつシカゴ日記 , 2018 All Rights Reserved.