育児・教育

ヒョウの降る日に子供4人連れて夜8時にアイス買いに行ったら・・・。

更新日:

ヒョウ降る日に半額セール求めて夜にもかかわらず出かける人、だいたい生活かつかつ。

どうも、シカゴの子育てママです。

 

子供を連れて出かけるのって大変ですよね。

準備しないといけないし、こどもは言うこと聞かないし、体力使います。

それが夜。しかも、ヒョウが降っている日に出かける親なんていないですよね、ふつう。

いや、それがいるんですここに。

しかもこども1人、2人じゃありません。4人です。4人。

ただただアイスを食べたいが為だけに。

まさかあんなドタバタな1日になるとは知らず。

 

ヒョウが降ってきた

ちょうどその日はシカゴに珍しくヒョウが降った日。

次男が誕生日で、前祝にアイスを食べに行くという約束をしていた日でした。

ヒョウが降る中、急いで職場から家に車を走らせる私。

今日はアイス食べに行くのは無理かな。次男も残念がってるだろうなぁ、と心配しながら帰ってくるとなんと、

玄関先でバケツを持って下の子3人がはしゃいでいるではありませんか。

しかも頭、体びしょびしょで長いこと遊んでた感じ。

何しとんじゃ~~~!

バケツにヒョウをあてて、ぽこぽこ音立てて遊んどる。

「こら~~、はよ家入れ~~!!」

耐え切れず車の中から叫んでしまいました。

 

とりあえず子供たちを家に入れて何でこんなことしたんやと問い詰めると。

「だってヒョウが降ってたから。」

「・・・。あっ・・うん。」

何も間違ってなかった。

ヒョウが降ってるからヒョウで遊ぶ。

自然の摂理。

 

子供たちは間違ってなかったのに何を怒ってたんやと一旦落ち着く母。

 

怒った理由はただただ、着替えさすのがめんどくさい、病気になったら面倒だという自分勝手なものだった。

とはいっても、疲れがあって感情は抑えきれない。

「で、アイスは行くんかい、行けへんのかい!」とテンション高めでごまかす。

当然行くことになりました。長女も加え、母と4人の子供たちで。

ふ~やれやれだぜ。

ヒョウは一応やんだからいいか。

すでに夜7時をまわってしもたが、しゃあない。

アイス量り売りのお店メンチーズに行こう。

 

シカゴ郊外 人気のフローズンヨーグルトのお店「メンチーズ」へ行ったよ!

暗闇のなか列をなす謎の4人

着いた、着いたぞメンチーズ。

っておい。

8時過ぎたから閉まっとるやないか。

ヒョウ遊びが仇となっとるやないか。

 

とここで、長女から耳寄り情報ゲット。

「ソニックは8時以降シェイク半額になるよ。」

ヒョウ遊びもせず、価値ある情報を伝えてくれる娘。

しかっりものの長女。天使。まさに天使。

 

ソニックとはまぁいわいるハンバーガーショップ。

安いし、早いし、さらに半額情報とな。

「そこがいい、そこがいい」と間髪いれず大絶賛の私。

長女と次女も大賛成。肝心の次男もおそらく賛成だったはず。

とにかくすぐにソニックに向かいました。

ソニックは駐車場で車に乗ったまま注文すると、ローラースケートを履いた従業員が商品を持ってきて手渡し、そしてそのまま車の中で食べるという謎システムのお店。

 

ドライブスルーではなくドライブインというそうだ。知らないと、その場で何すればいいか分からずあたふたすること間違いなし。

 

ひさびさのソニック。8時以降半額というとっておきの情報を携え無事到着。

英語が苦手な母は子供たちに自分で好きなものを注文させることに。

 

年功序列で、まずは長女から。とここで、なぜか車を下りる娘。

マイクの前に行きメニューを眺めはじめる。目悪いもんなしゃあない。

というよりも車がマイクから離れすぎてしまった私の失態である。

 

そして続く下の子3人衆。

おいおい全員外出んでいいねん。

きれいに並ぶ4人。

まてまて、そういうんちゃうねん。

車とマイクの距離遠すぎたのは謝るから、戻ってきて。

 

・・・誰も聞いてない。

 

まぁ、自分たち以外客がいない広い駐車場だったんでいいんですけど、

ひとりずつ順番に並んで注文していく姿はまさにシュール。

しかも夜8時を過ぎ真っ暗。

あれだけヒョウが降った後に、のこのこ半額シェイクを買いに来るなんて、

店員もさぞびっくりしたことでしょう。

ヒョウ上がりの夜にやってきた、なぞの子供4人。

わたしならびびります。

 

そんな心配も気にせず自由に注文しだす子供たち。

 

長女は「シェイクのS」を注文。何でも買っていいって言ったのに、我が家の家計を気遣って我慢してくれる長女。

長男「シェイクのM」を注文。食べるの大好き、ひょうきん者の長男。ちょっとだけ遠慮してMを注文してくれるやさしい子。

次男「ラージコーク」。んっ?半額シェイクは・・・?

てかコーラって?夜に?しかもラージ?アメリカのLサイズ馬鹿にしちゃいけないよ。

 

あっけにとられていたところ。

 

次女が続けざまに「コカ・コーラ~~!!」。

しかも、思いっきり日本語で。

 

すかさず「スモ~~ル!!」と叫ぶ私。

コンマゼロ何秒の世界で毎日戦うのも疲れるぜ。

 

てか兄に引っ張られすぎやろ、妹よ。さっきまで「シェイク♪シェイク♪」って踊っとたやないか。

前々から心変わりが早い娘やとは思ってたけど、まさかこの胸騒ぎ?!これが世に言う「ブギーな胸騒ぎ」ってやつか。

まぁ、とにかく4人の子供たちはほんと個性がバラバラ。どんな大人になるんやろか。

夜中までラージコーラをすすりながら物思いにふける母でありました。

 



-育児・教育

Copyright© かつかつシカゴ日記 , 2018 All Rights Reserved.