米国生活お役立ち 米国生活で知っておきたいこと

アメリカに来て便秘に。予防と解消法について。

更新日:

アメリカに来て食生活が乱れてしまい、便秘症になってしまった方はいませんか?日本人は肉食食中心のアメリカに来てしまうと、その食生活の違いから便秘になりやすくなります。便秘にならないための予防・解消方法はぜひ覚えておいたほうがいいですよ。

便秘の予防と解消法

下剤

下剤はくせになるのであまり頼りたくありませんが、困ったときは仕方ないですね。ドラッグストアに行けばたくさん売っているので、薬剤師と相談して購入してみましょう。ちなみに英語で便秘は「constipation」。便秘になったは「get(become) constipated」です。覚えててください。

運動、マッサージ

適度な運動も効果的です。1日に15分くらいは体を動かしてみましょう。血流が良くなり腸の働きが活発になります。腸をマッサージしてみるのもいいですよ。仰向けに寝て、腹部が伸びるように、腰あたりに枕を入れます。指先でへその辺りをゆっくりマッサージすると、腸が刺激され、便秘解消につながります。

水をたくさん飲む

便秘のときは便が腸の中に詰まっているので、水をたくさん飲むことで、便をやわらかくし、排便を促せます。1日1L以上飲むようにすれば、効果的です。

食物繊維たっぷりの食品

食物繊維を多く含む食品を、食事にどんどん取り入れましょう。食物繊維は便の量を増加させたり、善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすなどの効果があります。

便秘気味の人は、食物繊維たっぷりのヨーグルト、バナナ、シリアル、オリーブオイルなどをたくさん摂取しましょう。

忙しい方はサプリメントなんかも利用すると便利です。便秘にはお腹のビフィズス菌を元気にするオリゴ糖系のサプリメントがいいですね。

 

日本では「カイテキオリゴ」というオリゴ糖食品が人気が高いみたいです。

>>>100万個以上売れてるカイテキオリゴ



-米国生活お役立ち, 米国生活で知っておきたいこと

Copyright© かつかつシカゴ日記 , 2018 All Rights Reserved.